転職と第2新卒

第2新卒といわれる社会人1〜3年目程度、25歳程度までの方で転職を望んでいる方は、とてもラッキーかもしれません。今、第2新卒者は、転職するチャンスであるといわれているからなのです。

というのは、景気回復傾向・団塊世代の大量退職に伴い。企業側は新卒の採用を拡大しています。その結果、良い新卒の人材を確保できない企業が多くあるのです。

このような企業が考えるのは、第2新卒の採用なのです。企業側は、良い新卒の人材を確保できず困っています。そこで、第2新卒者の採用を企業側が積極的なのです。第2新卒者は転職のチャンスという理由がお分かり頂けたでしょうか。

転職のチャンスということで、第2新卒の方は、すぐに転職活動をしようと考えるかもしれません。しかし、安易な転職はおススメできません。転職には色々とリスクがあるからです。

希望どおりの企業に転職できないかもしれません。また、希望どおりの仕事につける保証もありません。転職先の企業の社風が今までと異なり、転職先で浮いた存在になることもあります。ですから、第2新卒の方は転職のチャンスといっても、慎重に転職活動をしなければいけません。

ところで、第2新卒者の方の転職活動は、会社を退職してからすべきでしょうか、それとも在職しながら転職活動をすべきでしょうか。

たしかに、退職をしてから転職活動をするのは時間的な制約もなく良いかもしれません。しかし、問題なのは採用企業側が、退職した第2新卒者に良いイメージがないことです。採用企業側は、退職した第2新卒者に、「どこに行ってもすぐに辞めてしまう人ではないか?」とか「あまり後先を考えないで短絡的に行動してしまう人ではないか?」との印象をもっているのです。

さらに、退職してしまうと早く転職先を決めなければという精神的プレッシャーから、希望しない企業への転職で甘んじてしまうこともあります。

ですから、仕事が多忙で退職しないと転職活動が困難であるというような理由のある方以外は、在職しながらの転職活動をおススメしています。

最後に、第2新卒者にとって、狙いめの転職先について述べます。

将来性・待遇・社風が優れているのに、単に宣伝をしておらず事業内容がなんとなく地味だからという理由で、新卒者に不人気な企業があります。東証一部上場の企業でもあります。このような企業は第2新卒者の転職先として狙い目であるといえます。

優良企業なのに新卒者に不人気な企業は、新卒者が採れないので、第2新卒者の採用に力をいれていることが多いからです。ぜひ、このような企業を転職先として第2新卒者の方は検討してみてください。


posted by ハローワーク at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職と第二新卒
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。