地方での転職

地方での転職を考えている方は、大手の求人情報サイトに加えて、地元で運営されている求人情報サイトで情報収集するのが効果的です。

より地元密着型の求人や、大手サイトには掲載されていない求人情報が見つけられます。主な地方別求人情報サイトをご紹介いたします。

*北海道の求人ポータルサイト
⇒「JOB-NET北海道」http://job.haj.co.jp/

*北海道の求人サイト
⇒「キャリnabi HOKKAIDO」http://www.4510navi.com/

*北海道若年者就職支援センター
⇒「ジョブカフェ北海道」http://www.jobcafe-h.jp/

*東北の求人情報サイト
⇒「Be-jobナビ」 http://www.be-job-navi.jp/

*諏訪地域求人情報サイト
⇒「Qjin.za9za9.com」 http://qjin.za9za9.com/index.html

*信州の求人情報サイト
⇒「信毎 JOB station」 http://www8.shinmai.co.jp/job/

*北陸の求人情報サイト
⇒「ジョブステ」 http://www.weblife365.com/kyujin/
⇒「Hoku-navi.net」 http://www.hoku-navi.net/

*東海の求人情報サイト
⇒「Joob」 http://joob.jp/

*東海の転職情報サイト
⇒「名大社DeSuナビ」 http://career.meidaisha.co.jp/

*四国の求人情報サイト
⇒「求人ネットCOM」 http://www.kyujin-net.com/frame.html

*瀬戸内エリアの求人情報サイト
⇒「e-ATTA」 http://www.e-atta.jp/index.asp

*九州の求人情報サイト
⇒「九州よかねっと」 http://www.yokanet.jp/job/index.html
⇒「SEEDS」 http://www.f-seeds.co.jp/

*沖縄の求人情報サイト
⇒「ゆんたく」 http://kyujin.yuntaku.com/index.htm
⇒「Webアグレ」 http://webagre.com/
⇒「シゴトアリマスドットコム」 http://www.shigotoarimasu.com/index.html
⇒「パッション」 http://www.web-passion.com/



posted by ハローワーク at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職とネット情報

人材紹介会社で危ないところ!

人材紹介会社、転職コンサルタント会社、転職サイト会社、転職エージェントなど転職を支援する会社は大変多くあります。

さて、どこに依頼すれば???・・・と迷ってしまいますよね?

今日は、転職支援会社の選び方のお話です。

◆まず、その会社の得意分野は何か?

職種万能型な会社は、さまざまな情報収集するのに適している会社だと思いますが、深く情報があるわけではありません。

やはりある職種に特化したサイトや会社に絞った方が希望の職種を探すのに効率が良いですね。

◆電話の対応

電話で、悪い印象を受けるところは考えものです。社風・気質の表れだと私は考えています。

◆口コミ

知人友人が利用した体験談は、聞いておきましょう。広告と実際の内容が良い意味でも悪い意味でも違う会社があります。体験談は実際に人が経験した話ですから、非常に参考になります。

◆プライバシーの遵守

殆どの人が在職中に転職活動を行うはずです。会社等に情報が漏れてたりするのはもっての他です。

過去に当時在職中の会社に電話してきた今では某有名転職支援会社は、後日、謝罪しに来てもらい、縁を切りました。

◆転職を急がせない

なぜか急がせるところがたまにあります。今日買わないと明日買えないよ!と言わんばかりに、この人気の求人一名枠、貴方のためにキープしときました!(笑)このような会社は金儲けしか考えていませんね。
posted by ハローワーク at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職とネット情報

転職サイトの活用の仕方

人材紹介会社、人材バンク等、これら転職サイトはあなたが就職した企業・会社からマージンを受けとるようになっています。これによって、転職希望者は無料で活用できるわけです。

●メリット
・複数の希望条件のからマッチする求人情報を容易に見つけることができる。
・企業への応募もオンラインで出来る
・各企業の細かい求人内容・会社案内を閲覧できる
・スカウトしてもらえる。(サイトによる)
・お知らせ機能やメールマガジン等で情報を送ってくれる

●デメリット
・案件が偏る。(サイトにより得意・不得意分野がある)
・予算のない会社等はこういうとこには出てない。


やはりメリットが大きいですね。特に求人検索機能は便利です。

受けたい会社企業の自分の条件入力し、例えば、職種が○○、年収が○以上、勤務地が○エリアなどと入力して条件にあった企業をあっという間にしらべることができます。

また、有名どころのサイトには規模の大きい会社は殆ど登録しているので、希望する会社が規模の大きい会社の場合はどの転職サイトを活用しても大体見つけられます。

問題は中小規模の会社へ転職希望の場合です。ある人材バンクにのみ登録してたり、もしくは専門性の高い転職サイトに登録してたりとまちまちです。

結論から言えば、片っ端とは言いませんが、とりあえず登録はしておき、
自分の気に入った案件が入ったサイトから使って行くことを最初はお勧めします。

私の場合、最初は一つのサイトのみ登録して活用していました。その結果、なかなか自分の希望する案件が見つかりませんでした。

もう一件、登録してみました。結果、同じでした。。

次に専門分野に特化したサイトに登録し、幾つか見つかり始まりました。

たくさん登録すれば、どこかで見つかってゆくものです!!!

そして、勝手が分かってきたら転職サイトを自分の希望にあわせてうまく利用しましょう。
posted by ハローワーク at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職とネット情報

転職情報をインターネットから収集する方法

インターネットを活用して転職情報を収集する方法は大きく分けて三つあります。

◆気になる会社のホームページを自分で確認する方法。
◆人材バンクを使う方法 (インターネット完結型)
◆キャリアコンサルタントを使う方法 (インターネット+面接)

今日は、会社のホームページの募集情報を確認する方法についてです。

【メリット】
●就職希望会社からの直の情報・要望を知ることができる
●ここから直接自分で連絡を取り進められる。

【デメリット】
●一社一社募集要項を確認するのは時間がかかる。
●ホームページに募集要項を載せない会社も中にはある。
(人材バンクやキャリアコンサルタントに募集業務を一任)

なので、会社のホームページを確認して受けるというのは、働きたい会社が決まっている場合はこの方法が一番時間的にも早くて確実だと思います。

ただ、働きたい会社が決まってない方からすると、世の中何万?社もある中から一社一社の募集要項を確認していくのは不可能だと思われます。

この方法は、どんな会社なのかを把握するための手段の一つですね。

例えば、受ける会社が決まった時、もしくはキャリアコンサルタントや人材バンクから紹介された際に、前もって調べられる情報を収集するためにとかです。

その場合ですが、募集要項以外のページもよく見ておきましょう。

面接のためもですが、就職したは良いけど、一年後に潰れてしまっては困りますからね(IR情報とか企業の収益情報もできれば調べておきましょう。
posted by ハローワーク at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職とネット情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。