医療事務と求人情報

医療事務の求人情報を収集するには、ハローワークや求人情報誌、新聞の求人欄や折り込み、求人情報サイト、派遣会社などを利用します。医療事務講座を受講した方は、スクールから求人情報を受けることができるでしょう。

医療事務の求人情報で見逃せないのが、友人や知人からの紹介です。医療事務の場合は、医療事務の現場で働く友人・知人からの紹介で就職が決まることが多いのが特徴なのです。

医療事務の求人情報探しは、以上のように様々あります。私が一押しの医療事務の求人情報源は、ハローワークです。

ハローワークは、医療事務の求人登録数が他の求人情報より圧倒的に多いのです。ハローワークに求人を出す費用が安いので、多くの病院・診療所等が求人情報をハローワークに出しているのです。特に個人の多いようです。

他には、派遣会社も医療事務スタッフの求人情報を多く出しているので、登録して利用するのも良いでしょう。

次に、医療事務の求人情報の見方についてです。応募資格をまずチェックしましょう。特定の医療事務資格の有無や経験などが問われます。医療事務では年齢は比較的問われません。

雇用形態は正社員かパートタイマーなど希望通りかチェックをします。給与の金額に幅があれば、実力に応じた給与になります。面接時などに確認する必要があるでしょう。

社会保険完備と労働保険有りでは随分とことなるので注意しましょう。労働保険有りと求人情報に記載があれば、雇用保険と労災保険のみとなり、健康保険と厚生年金は自分で加入することになるからです。

さて、医療事務の求人情報から希望する就職先が決まった場合です。履歴書等の書類選考があって、その後面接があるのが通常です。医療事務の仕事は受付業務のように患者さんを相手にすることが多いので、面接はとても重要視されます。面接では、丁寧な言葉づかいや話すスピード・声のトーンに加え、笑顔や身だしなみの清潔感が問われます。

また、事前に応募先の医療機関について調べておき、経営方針や仕事内容について理解を示すことは、面接官に良い印象を与えることができるでしょう。




posted by ハローワーク at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 面接

転職志望動機

転職時の面接では志望動機が必ず聞かれます。

この志望動機が明確に答えられないようでは、真剣度が疑われてしまいます。


まず、なぜこの会社を選んだかですが、これは会社を褒めることとイコールです。

知らない会社は褒めることができません。きっちり資料や足を使い褒めるべき点をチェックしておきましょう。

例えば、経営方針や優れた商品(サービス)、企業風土、事業展開、トップの人格などです。これが会社選びの理由となります。

次に、この会社で何をしたいか聞かれるでしょう。これについては、例えば営業職ですと漠然と答えるだけでなく、一歩踏み込んでどの商品をどのように売りたいかまで答えると、それが夢のような話でも真剣度と意欲を評価してくれます。

もし、経験がない職種に応募した場合は、少し答えるのが難しいです。採用側は即戦力がほしいからです。

しかし、社会人なら希望職種に生かせるスキルはあるはずです。それをどのようにリンクさせるのかということと経験のない職種に対する研究・体験をはじめていることを伝えることが必要です。
posted by ハローワーク at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 面接

面接で好まれない転職希望者

面接で落ちてしまうタイプの転職希望者にならないようにしましょう。

◆入社の希望がはっきりしない人。
将来のビジョンも全く無く、ただ今の仕事が嫌だから転職という人。

◆自己中心的な人。
チームプレーがとれない=コミュニケーション能力に欠ける人は、仕事において支障が出てくるため。

◆特に突起した能力が無い人。
転職する以上は人より何かしらの点で優れていることが望まれます。平均点ならば新卒を教えた方が経費的にも安いことになります。

◆健康上問題がある人。
本人が幾ら前向きでも、会社を頻繁に休みがちになりそうな人は採用側から見ればあえてとる必要はない。

◆やる気熱意が感じられない人。
現状が残業が多く、転職理由として今回は楽な仕事を探している等、採用側から見れば問題のある人です。

面接で好まれない転職希望者はこの様な、自分の視点でしか転職活動をしてないことが多いようです。

採用側にとってのメリットが無ければお互い良い出会いにはなりません。志望動機を考える際には採用側の気持ちを考えることが良い結果につながるでしょう。
posted by ハローワーク at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 面接

面接とコミュニケーション能力

転職に関する面接のお話です。

どんな職種においてもチームやグループ単位の複数人数で一つの仕事を仕上げていく場合が多いですよね。

そのような場面で色々な人の意見や主張を良く聞いて、それをうまくつないで、前に進められる人が必要となるわけです。

どんなジャンルでも製品のサイクルは短くなっているので、早く新しい商品やサービスを提供していかなければならない昨今、時間との勝負を要する場面で多くの意見を短時間でまとめられる人が求められているのです。

面接では、特に年配の方はコミュニケーション能力が問われます。

いくら限られた時間の中で自分を知ってもらうために、ただ用意してきた経歴などを一方的に話すだけではいけません。

まずは相手の言うことをよく聞くことが必要です。相手が期待している答えは何なのかを自分なりに理解した上で、自分のことを話す能力が必要です。

これは普段から人の話をよく聞くという姿勢を意識しておけば大丈夫です。

そして他人の意見と自分の意見の違いを分析・理解して、いかに早く妥協点や改善方法を見出していけるかという能力を磨いておくと面接は大丈夫ですね。
posted by ハローワーク at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 面接

面接で転職のリスクを回避

面接で転職のリスクを回避のお話です。

面接というのは、雇う側があなたを面接する様に、受ける側もその会社を面接しているんですよね。

これを頭に入れておくことは、転職リスクを軽減させるための重要事項の一つなんです。

まず、面接官をその企業の判断材料にするわけです。

通常、企業は面接官に魅力的な人を配置しています。ですから、人事担当者が納得の行かない方であれば、企業のレベルもしれているわけです。

さらに、面接官が求職ポジションを管轄するリーダーやマネージャーで合った場合、そのリーダないしマネージャーとは、入社後、嫌でも付き合う必要が出てきます。

生理的に受け入れられない等何らかの問題があった場合は、入社後のことを考えて、他の企業をあたったほうが良い場合もあるかと思われます。
posted by ハローワーク at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 面接

転職と面接

転職時に書類選考はパスするが、なぜかいつも面接で不採用になってしまう人がいます。

その転職失敗の原因は何でしょうか?

求職者の面接担当の人はこんな事をチェックしています。

◆まずは座り方です。当然ですが、相手に促されてから座ります。そして背もたれにはもたれかけないように少し浅めに座って、足を広げすぎたり、組んだりしてはいけません。

あなたは面接を「受ける」立場で、「話を聞いてもらう」という立場を徹底しましょう。自分は経験も技術も持っているの自信過剰を、態度で表してはマイナスです。

尋ねられた質問を良く聞いて適切に答え、相手の話の腰を折らない、自分の話は長くなりすぎないようにまとめて話すのは鉄則です。

出過ぎた自己アピールは、職場での協調性を疑われます。短い時間で自分のアピールしなければならないのはわかりますが、聞かれていないことを話すのは避けましょう。

では、自分のセールスポイントが伝えられる質問が来なかった場合はどうするかですが、「最後に質問などありませんか?」と聞かれた際に「少し時間をいただけませんか?」と許可をもらってから話すと良いでしょう。

◆また、たとえ緊張していても、面接官の顔を見ない、目を見て話せない、やたらオドオドと挙動不審、笑顔のひとつも出せないのはダメです。

コミュニケーション能力が欠けていると見られてしまいます。

話をするときは相手の目を見て、誠実に自分の意見を訴えかけるというのは基本です。目を見て話せないのは「後ろめたいこと」があるから、嘘をついているのではないか、信用できない人といった印象を与えてしまうのです。

相手も自分自身もリラックスさせる意味でも、時には笑顔を交えるような余裕も持ちましょう。だからと言って馴れ馴れしいのも当然ですがダメです。

面接官が気安く話しかけてくれているのは、あなたの本音を引き出そうと試しているのだということを忘れないようにしましょう。
posted by ハローワーク at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 面接

面接も一期一会

●面接も一期一会

企業で採用を決める側の人にはそれぞれ採用理由と言うのがあります。

ある採用担当者はその人のユニークな個性で採用を決め、ある人はその人のキャリア・技術で採用し、ある人は誠実さで採用します。

面接官・職種により、採用の判断基準は様々です。

採用の基準っていうのは必ずしもコレというものは最低限しかなく、血気局は、お互いのフィーリングが合う、ということが一番大事なのかもしれません。

まずは自然体で面接に臨みましょう。自己アピールと言うのは大切ですが
、過剰・脚色しすぎは、面接官に見抜かれるものです。

苦手なことは正直に、未経験なら未経験で、それを正直に言って、後はなぜその仕事をしたいか、どのくらいその仕事をしたいか熱意を伝える。それをちゃんと言うことが大事なのではないかと思います。正直な面は、誠実な人柄として評価していただけます。

それで、フィーリングが合う企業なら採用されるだろうし、フィーリングが合わなければ縁が無かったものとして他の企業を探しましょう。

嘘をついて入ったら仕事についていけなかったり、思ったような仕事が出来なかったりして、苦しむのは自分です。

面接ではあまり背伸びせずにありのままの自分を見てもらい、それを認めてくれる会社とは後々うまくやっていけるのではないでしょうか。
posted by ハローワーク at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 面接

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。